私は6月に区からくる無料の健康診断の券を使って、近所の病院で健康診断を受けたのでした。実に5年ぶりくらいの健康診断だったのですが、体重がかなり増えてしまっていました。

それに中性脂肪も高かったので、ショック受けてしまったのでした。それ以来、自分で腹筋運動や近所の公園をウォーキングすることにしたのです。

ヨガも毎晩やってから寝るようにしましたら、この数ヶ月で3キロほど落ちました。食べるものも、揚げ物や肉はほとんど控えて食べなくなってしまいました。和食中心に食べていますと、本当に体が軽くなりますのでいいと思います。あとはアマランサスを食べ方を工夫しつつ食べています。
アマランサスの食べ方で見たサイト

ちょっと工夫すればかんたんにアマランサスを取り入れることができます。

日本の糖尿病に関する食事療法などについては、日本糖尿病学会が炭水化物オンリーを厳しくコントロールすることの医学的根拠が乏しいとした発言を発表しています。

しかしながら、糖質を少しも摂らないことは体に悪いです。

糖質は、タンパク質、脂質とともに、人の身体にとって重要な3大栄養素の一つと言えます。
その大事な栄養素を全然摂らない状態が続いてしまうと、そのうち健康を阻む原因にも繋がっていくからです。
糖質を減らすことによる減量が流行っています。これは、ライスとパン、麺類などのメインをとるのを控え、炭水化物も可能な限り摂取しないことを提唱するダイエットの仕方です。

しかし、それは医学の世間では認められているわけではなく、著者の考えであるといえます。

いくらなんでも極端な説で「医師が言ってはいけない」といった非難の声も見られます。

どういった理由で炭水化物を食べないことがダイエットすることに関係しているのか、それの仕組みを解明してみると、炭水化物は胃の中で分解され糖質として使われます。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

*

 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 反撃の機会をうかがうマウンド吉川. All Rights Reserved